2008年07月05日

パチスロ「メガラニカ」

リリースされたばかりの新スロット機「メガラニカ」の紹介です。

メガラニカって?…、というのは置いておいて^^;、
メインリールが1ラインという珍しいタイプになっています。
液晶で楽しむというのが正解なようですが、そのスタイルには賛否両論あるようです。
早くも人気に陰りが出始めている感じも。。

大当たり確率はやや高めで、初心者をターゲットにしているのかもしれません。
1リール機に興味がある方は是非プレイして見て下さい。



ちなみに「メガラニカ」というのはかつて南極を中心として南半球の大部分を占めると推測された仮説上の大陸のこと、らしいですが、この機種はそれにキャラクターをつけ、無理に物語にしたみたいですね。


メガラニカ、マガラニカ、マゼラニカ(Magallanica、Magallánica)は、かつて南極を中心として南半球の大部分を占めると推測された仮説上の大陸のことである。

テラ・アウストラリス(ラテン語 Terra Australis、南方大陸)ともいうが、この語はのちにオーストラリア大陸を指すようになり、現在でも雅語・文語的に使われることがある。未発見であることを強調し、テラ・アウストラリス・インコグニタ(Terra Australis Incognita、未知の南方大陸)ともいう。

(出典:wiki)
posted by 自称スロプロ at 11:07 | スロット動画
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。